格安バーチャルオフィスのメリットデメリット

格安バーチャルオフィスは、実際にオフィスを立ち上げることなく、ビジネスを行うために必要なサービスを受けることができる仕組みのことを指します。オフィスを立ち上げるには住所や電話番号が必要になってきますが、現実にこのようなオフィスを賃貸で借りる場合は、それなりの賃料がかかってきます。しかし、このサービスを利用すれば、事業に基本的に必要になってくるサービスや場所を月額数千円から3万円程度で手に入れることができるようになります。ですから、これからなるべくコストをかけることなく起業を考えている人にとっては大きなメリットになってきます。一方、このようなサービスにもデメリットもあるので、メリットデメリットをよく比較県として、導入するか検討する必要があります。

格安バーチャルオフィスを利用することのメリット

このサービスを利用するためのメリットとしては、オフィスへの初期投資や月額固定費などの費用コストを下げることができるという点を挙げることができます。もし、オフィスを賃貸オフィスやレンタルオフィスを借りる場合、毎月何万円もの費用を支払う必要が出てきますが、バーチャルであれば、わずかな費用でオフィスを作ることができます。また、賃料だけではなく、電気代やガス代といった光熱費、電話代、インターネット通信回線費、証文品、人件費などのオフィスに必要な経費が一切かからないので、大幅に経費をカットすることができます。特に、事業を始めたばかりの起業家の場合、まだ収入が安定しないことが多いですから、収入が安定するまでの間に利用することによって、最初の事業運営につまずいてしまうことを防いでくれます。

格安バーチャルオフィスを利用することのデメリット

格安バーチャルオフィスを利用することのデメリットとしては、住所の重複や郵便の受け取り期間などがデメリットになることが考えられます。まず、住所の重複については、同じ住所を多くの会社が利用することがあるので、例えば検索エンジンなどで住所を検索した場合に、自分の会社だけではなく、他の会社も表示されてしまうことがあります。もし、このような重複を避けたいのであれば、独自の賃貸オフィスを借りるという必要性が出てきます。次に、郵便の受け取り期間に関しては、郵便や小包、書留、ダイレクトメールなどの配達物が利用者の自宅や指定の場所に転送してから配達されるようになるので、自分の手元に荷物が届くまで通常よりも遅れて配達されることになります。ただし、どのような荷物が届くことになるのかという情報に関しては、到着案内のメールで知ることができます。